散歩の歌

日々、出会う生き物たちや景色、日常生活での出来事、発見などあれこれを記録中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大島へ行ってきました

万立の浜。
DSC08222.jpg

DSC08241.jpg


溶岩のがれきを降りていくと、あちこちに潮溜まりが・・・・。
DSC08219.jpg

DSC08244.jpg

水面をのぞくと稚魚がいっぱい!!
DSC08220.jpg

DSC08226.jpg

IMGP0968.jpg


岩山を歩いて潮溜まりをみつけては、生き物を探して遊んでました。
DSC08250.jpg


これが、結構、実は大変だったりします。
岩はごつごつしてるけど海藻などで滑るし・・・。私、落ちたら溺れること間違いないし・・・。


といいつつも、きれいな海に魅せられて・・・
DSC08251.jpg

こんなとこでボーっと沖の方をみてたりします。
DSC08260.jpg


みえますか?魚・・・
DSC08262.jpg

これはウミウシ?アメフラシ?
DSC08232.jpg
DSC08235.jpg
DSC08236.jpg

人のことはお構いナシにごはんを食べています。


岩場をまたがるようにしゃがみこみ、腕だけいれて撮った魚の写真。
ええ、入っても膝丈ぐらいだし、沢登用の靴だったからなんら問題はないのだけど・・・・
IMGP0917.jpg

IMGP0924.jpg
IMGP0935.jpg

ちょうど引き潮の時間で、搭乗手続きの時間近くまできゃいきゃいと磯遊びをしていたのでした。

次回、万立の浜、色々おまけ。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/31(月) 13:10:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

大島へ行ってきました~地層切断面と波浮港

三原山で遊んで、お腹が空いたので島の南に位置する波浮港へ。


港へ向かう途中、「地層切断面」がお目見え。
DSC08186.jpg

約1キロにわたるこの地層は、150万年もの昔から幾度となく噴火を繰り返した三原山の火山灰などの堆積物が幾重にも重なりできたもの。
DSC08189.jpg


大島周遊道路建設時に発見されたとか・・・。
DSC08194.jpg

なお、地層保護のためにガードレールから向こうへは立ち入り禁止。写そうにもあまりに大きすぎ、道路の反対側から写しているのですが、あまりにも大きく、長く、どこを撮っても同じ感じに・・・。


さて、もう11時を回った頃。港に着けばいい時間になりそうです。
お昼、お昼・・と波浮港に向かったのだけど・・・。
DSC08203.jpg
・・・・。

静かで情緒ある風情な港町、波浮港・・・・。

静か過ぎました。ちっちゃな漁師町があるのだけど、お店なんてない・・・。

あれえ~~??!!

仕方なく、小さな食料品店で揚げたてコロッケを購入。
DSC08204.jpg

と、コロッケ片手に歩いていると・・・・。

あったではないか!!お寿司屋さん。
DSC08206.jpg

ということで、コロッケを食べてから暖簾をくぐったのでした。

こじんまりとした、どこかアンティークなお寿司屋さんで「島のにぎり」をオーダー。
磯の魚は桜色をしているのかな?きれいなお寿司にしばし見とれます。
DSC08207.jpg

確か左から、えーと
いさき、ヒラメ、メジナ、サバ、鰯、トビウオ、目鯛、金目、そしてサビ。
9貫で1620円!!

十分に満足して腹ごしらえも済んだ後は、
帰りの飛行機のことも考え、空港に近い「万立ての浜」へ向かうことに。

その前に、「砂の浜」というビーチが途中にあることを知り、砂浜を見よう!!とよってみました。


砂浜・・・・・。
DSC08209.jpg

大島の砂浜は火山地層の影響で黒いらしい。そんなことはまあ、白くなくてもいいのだけど・・・・・・。
貝殻も落ちていないし、生き物がいない・・。

・・あ、いた。
DSC08211.jpg

砂浜の端にある岩場に、岩の隙間のいたるとこにカニ、カニ、カニ・・・・・。
DSC08214.jpg


だがしかし・・・
カニ以外は大量のフナムシがササササ・・・とかけまわり・・・・。いわばから触覚を動かしながらこっちを見ている感じがある生き物を彷彿させそうで・・・。
恐怖心が生まれる前に、「砂の浜」を後にしたのでした。


気を取り直して「万立ての浜」へ。


お、・・・・・
なんか、いい感じっぽくない?!
DSC08215.jpg

降りてみよう!!!

降りて・・・
え?!!
DSC08217.jpg

案内パンフには「静かな小さな入り江・・・」て書いてあるけど・・・。

どうやらこの溶岩の岩場を降りなければカニや魚のいる穏やかなスポットに行けない様子。
よし、最後の浜、頑張って降りますか!!!

えっと、また次回へ続く。
「万立ての浜」での磯遊び、結局はここの浜での磯遊びが一番、楽しかったです。
ということで、次回こそ「万立ての浜」
ほんなさん、ということで次回です、磯遊び~。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/30(日) 10:30:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

大島へ行ってきました~お鉢巡り

大島の火口をぐるっと一回りするお鉢巡りコース。
眺めも最高!!
DSC08137.jpg

左の方にうっすら見えるのは利島。かすんでないときは富士山も見えるらしい。
DSC08138.jpg

DSC08145.jpg



溶岩の砂利道を進みます。
DSC08144.jpg


そして、そして・・・・・・

三原山の火口!!!
写真では伝えられないくらい壮大でした。
DSC08146.jpg


歩き続けます。
果てしなく広がる山腹。どこか別の国のよう。
DSC08169.jpg


DSC08171.jpg
DSC08173.jpg


1時間くらいで1周できます。


戻ってきてから、またお節介親切な看板に気づきました。
DSC08176.jpg

”危険”といいつつ、登るなとは言わない看板。親切・・・??

次回は静かな波浮港ランチと、最後にいった浜、万立ての浜での磯遊びです。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/29(土) 14:39:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

大島へ行ってきました~三原山

朝、6時前に目が覚めてしまった私。いつも仕事の日は寝坊するくせに・・・・。
もっとも、23時頃には爆睡していたけど。

朝食前に朝の三原山を眺めながら温泉につかる。
DSC08099.jpg
(ちなみにこれはホテルの窓からの朝の三原山。さすがに温泉では撮れませんがな。)

朝食はバイキングなんだけど・・・・。

じゃ~~ん。
DSC08101.jpg

あれ?昨晩、食べ過ぎたんじゃなかったか?


でもま、ヘルシーだからいっか。
DSC08102.jpg
DSC08103.jpg
DSC08104.jpg

えっと・・・いいですよね??


お腹がいっぱいになったら三原山へ出発です。あの山の頂上にいくのだ。
DSC08106.jpg

山の頂上まではこんな風に整備された遊歩道が続いています。
DSC08107.jpg

DSC08108.jpg
あちこちでウグイスやホオジロ、そしてキジが鳴いていました。イソヒヨドリも。
キジは声は聞こえるのにどこにいるかわかんなかったな~。


時折こんな風景も。火山なんだな~てことを実感します。
DSC08112.jpg


黒い河は1986年の噴火時に流れた溶岩でしょう。
DSC08114.jpg
DSC08117.jpg

時折、山の中腹から振り返るとこんな景色が・・・。
ちょっとかすんでしまってるけど、海も見えるんです。空と海が一緒になってる。
DSC08118.jpg


そしてちょこちょこと、看板が色々アドバイスしてくれます。
DSC08119.jpg

申し訳ないですが手すりはロープ、しかも砂利道なので普通に歩きました。

まだほんの少ししか歩いていないのに・・・・
DSC08120.jpg

はい、わかりました。景色を眺めます。

DSC08121.jpg

おーーーーーーーーーーー!!!  果てしない!!!


次はなんですか?
DSC08122.jpg

ご忠告ありがとうございます。


山頂の手前。
厄除けの神社として注目されております。
普通に厄除け神社です、じゃダメだったのかしら?
DSC08123.jpg

この神社、島では噴火口全域を御神火として信仰し崇められてきたらしい。
これまで幾度かあった三原山の噴火、そして86年の大噴火のときも溶岩流は神殿を避け直前で両側へとながれを変えているそうです。
DSC08126.jpg

とても不思議です。ご利益があるんじゃないかと、参拝しました。ちなみに小銭が20円しかなく、それで拝んできた私です。

ゴジラのような岩。
DSC08128.jpg
実際にゴジラの映画撮影で三原山はロケ地になったらしい。

さて、山頂につきました。真ん中の絶壁は火口です。
DSC08132.jpg


月曜日だったので、普通に働いている人がいます。
三原山のお鉢めぐりコースの整備をしに行くトラック。
DSC08134.jpg

この後、柵のくいが落ちてしまい、荷台にいる人が拾いにいってました。


では、こちらもお鉢巡りをしましょうか。
DSC08136.jpg

・・・て、さっきのトラック、この道を走ってったんか~!!!!

まだまだ続く大島の旅。
次回はダイナミックな火口を望むお鉢めぐりです。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/28(金) 12:30:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大島へ行ってきました~椿フォンデュ

朝の8時過ぎからたっぷり遊んでホテルに着いたのは17時過ぎ。

ここは大島温泉ホテル。三原山の山腹にあります。

古いホテルだけど、部屋からの眺望が素晴らしい!!!向こうに見えるは三原山。ちょっと雲がかかってます。
DSC08075.jpg

そしてここは、もちろん温泉付き。大浴場からもこんな雄大な三原山を望みながら入浴できます。
さっそく、食事前に磯遊びの汚れと疲れをとりにひとっ風呂してきました。

そして18時からは夕食です。


じゃーーーーーーん!!!
DSC08076.jpg
入りきってません・・・・。

DSC08077.jpg

では、一品ずつ、
いきますよ~。

前菜

めっかり浜茹で
DSC08089.jpg
めっかりは正式名称は調べてみたら「クボガイ」とか「ヘソアキクボガイ」とか言うらしい。
どっちにしろ知らない名前だったわ・・・。

島豆腐味噌漬け
DSC08087.jpg

合鴨ロース白味噌漬け
DSC08088.jpg
鴨、大好き♪


●お造り

カンパチ、目鯛、とこぶしの刺身
DSC08080.jpg

DSC08093.jpg
魚、うまい!!!


●揚げ物

名物、椿フォンデュ
じゃじゃじゃ~ん
DSC08084.jpg
伊勢えび、キス、なす、椎茸、薩摩芋、玉葱、明日葉入りさつま揚げ、そして下にしいている明日葉


これ、椿油のお鍋に具を入れて
DSC08094.jpg

揚げて食べるという、セルフサービスの天ぷら料理です。椿油、さっぱりしていましたよ!
DSC08095.jpg

ところで、これって、天ぷらを揚げたことのない人にはちょっと難しいよね、ましてや外国の人には。

実は、隣の席が外国人の一人旅の方で、ずーっとこっちのテーブルをみていて、ちらちら見よう見真似でやってました。大丈夫かな~と思いながら見ていたんだけど、一応なんとかなっていたみたいで。

ところが・・・・

油の温度があがりすぎて、モウモウと白い煙が・・・。
早く、早くホテルの人~!!!

と、給仕しているおばさんが気づいてコンロの火を止める。
「温度上がった、ちょっとストップね」と日本語で伝えるおばさん・・・。

まあ、状況からして察したみたいな外国人。たぶん、多少は日本語がわかるのかもしれない。

しばらくして、

一向に温度の下がらない天ぷら油。
そこでおばさんは、温度を下げるために火を止めたまま、具材を揚げることに。

ちょっと、サポートした方がいいかなあと思ったけど、
おばさん、堂々と日本語で対応・・・。
「オンド、ダウン!! ダウンね!!! イレル、ダウン!!!」
なぜか外国人の日本語口調になるおばさん。
堂々としたその対応・・・・入る余地なんてありません。

その後、油の温度も下がり、フォンデュを続ける外国人。
おばさんはその後も「アシタバ、オイシー、ヤッテミテ!!」
いや、いいですと、ジェスチャーする外国人に対し、
「オイシーノニザンネン!!!」とひたすら片言日本語で対応していました。

さて、献立の続きです。

●煮物

金目鯛甘辛煮
DSC08091.jpg
旬の魚、うまい、うまい~♪

●洋皿

目鯛の明日葉ソース添え
DSC08083.jpg
明日葉の苦味がアクセントです。


●蒸し物 ●酢の物

茶碗蒸し
DSC08092.jpg

目鯛のカルパッチョ
DSC08090.jpg

まだまだあるよ、

●和物

明日葉の胡麻和え
DSC08082.jpg

●ふた物

野菜の炊き合わせ
DSC08081.jpg


正直、これだけあるとお腹いっぱいになるよね・・・・。
なのにね、ボリュームが分からず事前に追加オーダーしたのよね、予約時に・・・・。

●朴葉焼き~
DSC08085.jpg

と、

●島のお寿司
DSC08079.jpg

ええ、食べました!食べましたとも・・・!!!

さらに追い討ちをかけて、
吸い物に目鯛のあら汁、ご飯物で明日葉飯、

デザートに大島牛乳寒天がついて、後半は半分うつろな目でごはんを食べました。
おいしかったんだけど、ボリュームがありすぎでした(反省)・・・・。


食事の後は、また露天風呂に行ってきましたよ。
もう外は真っ暗で、満天の星空を眺めながら温泉につかってました。
よかったですよ~。星空入浴!!!人も少なかったから満喫できました♪

さて、次の日は三原山です。
すっごい雄大な景色で大島でいちばん楽しい思い出かも?!

ということでまだまだ続く・・・・。



テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/27(木) 12:57:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

大島へ行ってきました~筆島

だいぶ夕方になたけど筆島へ行ってみました。
DSC08062.jpg

DSC08061.jpg


この日、初めて砂浜に降りた気がします。
DSC08063.jpg


そうそう、この筆島のそばで偶然だけどイルカを見ました!!!
DSC08064.jpg

初め、サメかと思ったけど泳ぎ方ですぐわかりました。
まさか、大島でイルカに遭遇するとは思わなかったのでうれしかったです!!ふふ、いいことがあるかも!
DSC08065.jpg



蒼い空の下でしばし、碧い波を見つめてました。
DSC08068.jpg

DSC08069.jpg

DSC08070.jpg

DSC08071.jpg

寄せては返す、穏やかな波。

なんだか自然の中にいると、日々のちっぽけな悩みとか、仕事のこととか、私がそんなことにあくせくしていても自然は日々こうやってくり返され、生き物たちは常に生きるか死ぬかの世界で命の営みを続けているんだなと感じ、私の悩みなんてほんと考えるほどではないな~と感じるのです。

さて、そろそろ宿泊先にいって、温泉と料理を楽しみますか!!
てなわけで次回は、いよいよお待ちかねの夕食です!!

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/25(火) 12:12:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

5月のフラワーアレンジメント

大島の記事はちょっと休憩して、今日は今月のフラワーアレンジメント。
昨日、またもやきてしまいました。
月1回のアレンジメントキット。生ものゆえ、早々に生けねばなりません。

今月のお花はガーベラ(また、このまま生けてもいいのでは、と思う)。



花瓶はこちら。私に似合わずなロマンチック風。
DSC08408.jpg


今回は吸水スポンジをあらかじめ花瓶に入るようにカットしてから吸水させたし、花の茎断面も斜めにカット。
DSC08430.jpg

しかし・・・ガーベラの茎は固くはないのでスポンジに挿すのがちょっと難しい。

DSC08432.jpg

アクセントのバラも挿して終了。
DSC08434.jpg

今回、同じ色のガーベラが隣同士になったりなど、配色への計画性がちょっと欠けてたな~。
DSC08433.jpg

それと・・・ガーデニング用のハサミがあるのに、普通のハサミで切ってました。
終わってから気づいた。


テーブルセンターもエスニック調から、この季節に合わせてグリーンのものに変更して飾りました。
DSC08437.jpg


隣にある貝殻は、これまでAUSや八重山諸島、神津島などに旅行した際に拾った思い出たちです。
DSC08438.jpg

DSC08439.jpg


バラが余ったので別の花瓶に生けました。
DSC08435.jpg


階段の小窓に飾りました。
DSC08440.jpg

ちなみに以前のアレンジメントの花ですが(以前の記事はこちら→

ドライフラワーになりそうな花だけとっておきました。
DSC07761.jpg

こんな感じで無造作に置いておいた飾ってた。
今も別の場所に飾ってますが、今年末に作る恒例のリースに使えるかな~と思ってます。
DSC07814.jpg

テーマ:花と生活 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/23(日) 16:15:55|
  2. ものづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大島へ行ってきました~トウシキ遊泳場

大島の南、波浮港の近くにある「トウシキ遊泳場」


遊泳場と行ってるからには穏やかでくつろぎやすいとこ・・・・

と思ったけど、大島の浜はどこもこんな感じです。
DSC08058.jpg

岩場のため地元の子どもたちに人気の浜だそうです。
DSC08042.jpg

こういった小さな入り江で泳ぐんだろうな。
もちろん、水の中には、ここには魚や磯の生き物がいっぱい。
DSC08046.jpg

ダイビングしなくとも魚と泳げるのは楽しいかも。(泳げれば、の話・・・)。


海の中はとてもきれい。

磯の森。
IMGP0810.jpg

IMGP0801.jpg

IMGP0809.jpg

魚やカニたち。
IMGP0811.jpg

IMGP0817.jpg

IMGP0826.jpg

そろそろ潮が満ちる時間になってきました。
1泊目の最後は筆島に向かいます。

空に浮かぶ雲もおもしろい形。
DSC08059.jpg

次回は奇岩筆島・・・の前にちょっと休憩して、
月1回のフラワーアレンジメントを載せます。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/22(土) 14:04:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

大島へ行ってきました~王の浜

王の浜。
何ゆえ、ここは「王の浜」?

か、わかりませんが。小さな入り江の静かな浜だそうです。

ところで、浜って・・・。私は砂浜ばかり思い浮かべていたけど磯も「浜」だったのね。
DSC08016.jpg

岩がピンク色をしていてきれいです。
DSC08008.jpg

DSC08023.jpg


で、ここでもやることは磯遊び。
ウニ、みえますか?
食べれるのかしら。
DSC08003.jpg


さすがに手は入れなかったわ。
DSC08024.jpg


さて、どこに生き物がいるでしょうか。
DSC08022.jpg


答え:左の黒いやつ。ハゼの仲間かしら?

とにかく、ちょっとでも近づくと逃げてしまうので、見つける、追う、逃げる、待つ、映す・・・の繰り返し。
大島まできて、それをしにきたのかい、私・・・。


磯の梅干発見!!
DSC08029.jpg

DSC08031.jpg

イソギンチャクですね。ええ・・・。
プニプニしていますよ~。


これって・・・

アメフラシですか?
岩場の水面にいました。海草を食べているようです。
IMGP0799.jpg

海岸の後ろは絶壁。
DSC08036.jpg


今にも崩れそうな崖。
いや、ポロポロと石が落ちてるんだろうな。この下に「近寄るな、危険」って書いてありました。

ええ、近づきたくないです・・・。
DSC08039.jpg


トンビもたくさん飛んでました。
DSC08038.jpg

て、こんな調子で懲りずに次の浜に向かいます。
次はトウシキの浜で~す。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/21(金) 12:44:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

大島へ行ってきました~元町ランチ

朝、曇が多かった空にもだいぶ青空がみえてきました。
お昼は、港町、元町で・・・・。
DSC07996.jpg

ところが、大島って商店街のようなところがないんですね~。
飲食店もポツポツと点在していて、しかもGWの後で観光客はあまりいないし・・・・。
DSC07997.jpg

地図を頼りにおすし屋さんを探し、やっていた1軒がここ、寿し光(すしこう)。

海の見えるお座敷で、頼んだのは「島にぎり」の上。
特上にしないところが、性格か・・・・。

はい、こちらが「島にぎり」の上、です!!
DSC08000.jpg

左から、金目鯛、ひらめ、中段左から、いさき、ザビ、そして一番下が島寿司、べっこう寿司です。

「サビ」はカマスの仲間なんだけど黒い魚だそうでこの辺りで獲れるんだって。この魚は塩で食べます。
脂がのっていて美味でした!!

島寿司は、昔このあたりはわさびがないため、島でお寿司は、よくとれる青唐辛子の漬けにしたとか・・・。
唐辛子の辛味の利いたお寿司です。
個人的には神津島で食べたべっこう寿司(漬けっていってたか?)の方が好きかな~。

でも、魚、うまかったです!!

にぎり10貫とあらのお吸い物がついて2100円。こっちの本土の方より安いよね。


エネルギーをチャージした後はまた浜へ。
今度は「王の浜」です。
DSC08002.jpg

いよいよ、色々な生き物がでてきます~。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/20(木) 13:22:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

大島へ行ってきました~海岸遊歩道

歩きたい道500選に選ばれてるとかの遊歩道を歩いてみることにしました。


遊歩道・・・・。
DSC07957.jpg


えっと、こっちでいいのかしら?
DSC07958.jpg


どうやら道を間違えたようです。
DSC07959.jpg


ああ、よくみたら別の方に道らしきものがあるじゃない。
DSC07961.jpg

DSC07970.jpg


DSC07971.jpg

コバンソウだっけ?
DSC07960.jpg

この植物は天然記念物だそうです。
DSC07972.jpg

DSC07973.jpg

DSC07986.jpg

ここにある植物はとってはいけないことになってます。

DSC07980.jpg

DSC07977.jpg
いたるところに溶岩が見えて、火山の島なんだなあと実感します。


この先、危険。
DSC07987.jpg


確かに、危険でした・・・。
DSC07988.jpg

さて、そろそろ町に行ってお昼にしよう!
島のお寿司!楽しみ!

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/19(水) 12:08:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

大島に行ってきました~秋の浜

飛行機は8:50離陸、9:15分に大島着。
朝から思いっきり遊べます!!!

何もプランは立てていなかったけど、とりあえずは「秋の浜」へ行ってきました。
さすが大島、溶岩がごろごろしてます。
DSC07923.jpg

この浜はダイビングスポットでもあるそうです。

岩や藻が赤いから「秋の浜」なのかしら・・・?
日曜日とはいえ、5月はまだ泳ぐに寒いからか人気がありません。
DSC07925.jpg
DSC07931.jpg


カニさんみつけた。
DSC07928.jpg

白いかわいい花が咲いています。
DSC07930.jpg

海はきれいでしたよ~。
DSC07934.jpg

イソギンチャクみっけ~。
DSC07937.jpg

実は泳げない私、水が怖い私(膝丈くらいまでならOK、がんばれば腰の位置まで・・・)。
AUSにいっても石垣島や西表島にいってもすることはどこでも同じ。


磯にくれば、岩の隙間をのぞきこんで生き物を探し、そして・・・

ヤドカリと戯れる。「つかまえたぞ~」
DSC07940.jpg

にょきにょき。
DSC07941.jpg

「ヤドカリさん、こんにちは~」
DSC07943.jpg

岩場においてみたりして・・・・。

DSC07944.jpg

DSC07945.jpg

あっ、こけた!!!
DSC07947.jpg

DSC07948.jpg

またでてきた。
DSC07949.jpg


ばいば~い。
DSC07952.jpg

と、こんな感じで戯れてますが、何か?
気がつけばこんなことで時間が経ち、首の後ろを日焼けしていたりします・・・・。

大島を1周しながらいろんな浜や三原山も歩いてきました!
ということで続く。
次回は大島海岸線遊歩道です。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/18(火) 12:47:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

大島へ行ってきました-空の旅

旅行については、思い立ったら比較的すぐに目的地へ向けて出発するタイプ。
今年はようやくGWに快晴で、大島にでも行こうかと思ったが案の定、宿が満杯。ということで断念。

しかし、この機を逃せば、やがて梅雨になり台風がきて、シーズンの到来もあり秋になってしまう。

仕事も忙しくなりそうだし、無理かなあ~と思いつつ、ちょっとお休みをとることができそうだったので、諦めちゃいかん!と行ってきました。大島1泊2日旅行。


大島は調布にある新中央飛行場から約30分。うちから飛行場までは車または自転車でも約20分。とても近い大島。

飛行機といえば、昔からみているこれ!!


19人乗りの飛行機に行きは乗客は全部で4人でした。

では、行ってきます!!!

しばし空の散歩をお楽しみください。


多摩川。
DSC07895.jpg

聖蹟桜ヶ丘近くのカントリークラブ。
DSC07897.jpg

どんどん高く・・・。
DSC07898.jpg

まるでgoogleの衛星写真地図をみているような・・・。
DSC07901.jpg


とはいっても高度はこの位まで。
富士山が見えます。
DSC07910.jpg


雲にできた飛行機の影。
DSC07908.jpg


江ノ島。
DSC07911.jpg


そうこう眺めているうちに、大島に。
DSC07914.jpg


大島に到着~!!
DSC07915.jpg


さて、旅の始まりです。
しばらく大島の旅日記が続きます!

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/05/17(月) 22:47:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

出山横穴墓群と竹林

ほたるの里の山にこんな遺跡がありました。
出山横穴墓群。
DSC07651.jpg


平成5年に発掘調査され、東京都の史跡に指定されたそうです。横穴墓は5,6世紀~7世紀頃の墓の1つだそうで、崖や丘陵などの斜面を横に掘って作られたらしい。
DSC07652.jpg

この辺りは旧石器時代の石器や縄文時代の竪穴住居や縄文土器なども発掘されてそうです。へえ~。


さらに進むと、竹林に出ました。
DSC07653.jpg


竹の子もたくさん、伸びてます。
DSC07656.jpg

DSC07654.jpg


ああ~、ここにはまだこれから出る竹の子もあるんだろうな~。いいな~。食べたいな~。




でも、当然、掘っちゃだめだそうです。
竹の子に注意されました。
DSC07659.jpg

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/15(土) 17:50:39|
  2. 野川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ほたるの棲む里

三鷹の大沢付近。
こいのぼりの向こうの森はほたるの棲むところ。
DSC07628.jpg


昭和63年に国分寺崖線の自然、湧き水を守ろうと「ほたるの里」として自然保護された場所らしいです。
DSC07637.jpg


柵の向こうにはたくさんの白い花が・・・・。
DSC07638.jpg


ミズバショウでした。とても涼しげできれいです。
DSC07642.jpg

DSC07644.jpg


タニシのエサとなるカワニナもすぐそばの水辺にいました。
DSC07639.jpg


自然観察路?
DSC07648.jpg

行ってみよう。
DSC07650.jpg

野川の散歩がちょっとした冒険になってしまった。

子どもの頃から慣れ親しんでいる野川。
なのに、いつもいつも発見があります。

ホタル、うちの方も棲んでいます。
母の家は国分寺の野川の近くでそこにもホタルが棲んでいます。

きれいな水と共に暮らす・・・そしてこれからも暮らしていきたい。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/14(金) 12:50:49|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴールデンカップル賞

野川を散歩していたときのこと。

野川の中を手をつなぎながら歩いているカップルが。


バシャバシャと歩いていく2人。


”不思議なカップルだな~。”
”何してるんだろ?” ”どこに行くんだろ?”と思ってました。


やがって、岸にいる自分とすれ違ったとき、カップルが手にしている袋に目がいきました。


それはゴミ袋。


このカップル、野川を歩きながら、川の中にあるゴミを拾っていたんです!!!
DSC07680.jpg


なんて、素敵なデート!!


ゴールデンウィークの出来事でした。

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/13(木) 12:37:38|
  2. 野川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

吉祥寺ぶらり

母の日の買い物ついでに、我が家も何かと色々なものが必要となっていたので見て回ることにしました。

中道通りでオサレなわんちゃんを発見。首輪もかっこいいです。
ご主人さまを待っていました。
DSC07778.jpg

イタリア製のタオル屋さん「ADMAGIC GALLERY」。
よくお祝いとかに利用しています。新婚祝いに名入りのバスタオルセットとか。ミッソーニの柄のようなタオルがいろいろ。カラフルで楽しいです。
DSC07779.jpg


最近できた中国雑貨、洋服のお店「QILIN」。チャイナ服も置いてます。
なんとなくのぞいて、あ、これかわいい、とかおもしろいとか思いながら何も買わずに出て行く私です。
DSC07780.jpg


カエル雑貨専門店「cove」
我が家の洗濯物入れの籠はここで買ったかえるの籠です。
DSC07781.jpg


さて、必要なもの・・・・。
食器やカトラリーなど、私が1人暮らしの頃から使っていたものも多く、木のおわんの端がなんとなくはげてきた、とか、丼茶碗がかけてしまったとか。
オサレな器屋さんもあるけど、なかなか高くて買えない。

で、まずはのぞいてみるのが
こちら「Natural kitchen」。100円でなかなかかわいい、実用的な雑貨がそろうお店。
DSC07794.jpg

さすがに丼のような大きな器はなかったけど、こまごまとした小さな器とか籠とか・・・。
ああ、100円だし、何かに使えるだろうとついつい買ってしまい。

節約のはずが余計なものを買っている始末に・・・。

それにしても休日のこのお店は激混み!!!
ガラス系を扱ってる中、人が多いしで落とさないようにと気を遣いながらの買い物になってしまいました。


お店の向かいの家には立派なみかんの木があります。
DSC07793.jpg


白い花が一緒に咲いてました。
DSC07792.jpg


色々と特集されてるせいか人が多くなってしまった吉祥寺。
自転車も多いです。

みたいとこがたくさんあるけど、人ごみに疲れてしまった私。
平日に休みをとってゆっくり回りたい。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/12(水) 12:33:22|
  2. 吉ブラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電球

横尾さんとこで撮りました。
DSC07783.jpg



特に意味はないのだけど・・・。
DSC07784_20100511124339.jpg


モノクロで撮ったらおもしろいかも。

テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/11(火) 12:45:46|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

横尾さん

母の日の買い物ついでに吉祥寺をブラブラしました。

ランチにと入ってみたのはここ。
「お茶とお菓子 横尾」
カフェランチとしました。
DSC07782.jpg

DSC07791.jpg


店内の雰囲気はいまどきの若者向け吉祥寺のカフェレストランって感じ。
アンティークでかわいい感じの小物が置いてあったり、ちょっとナチュラルかわいい”森ガール”な雰囲気?
DSC07785.jpg


ランチは温野菜プレートをオーダー。
DSC07787.jpg

DSC07788.jpg


うーん、正直言って、これは家でもできるよな~。みたいな。

野菜料理だったら蔵樹くらい、立派に主張してくれる方がうれしいな~みたいな。

これで、940円はちょっと高いかも。


飲み物はランチを頼むと200円引きだけど、ちょっと高めな感じがしました。
DSC07789.jpg


横尾さん、名前の渋さにひかれたけど・・・。

いまどきの若い子たちには人気がありそうな店だとは思います。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/10(月) 12:39:52|
  2. 吉ブラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奥多摩の花たち

都民の森にて。

さっそく名前がわからない。
これはなんて花?


DSC07382.jpg


ヒトツバテンナンショウ
DSC07387.jpg


ヒトリシズカ
初めてみました!
DSC07391.jpg


シダ類の芽吹き。
グロいけどおもしろい。
DSC07422.jpg
DSC07438.jpg
DSC07440.jpg

スミレ
DSC07423.jpg

キボウシ
DSC07424.jpg

ヤマツツジは開花準備中
DSC07426.jpg


ヤマエンゴサク・・・かな?
DSC07449.jpg

ミヤマネコノメソウ
DSC07457.jpg


ヤマネコノメソウ
PICT1209.jpg


ハシリドコロ
PICT1203.jpg


去年もこの季節に図鑑とにらめっこしていたのに、なかなか覚えれないものです。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/09(日) 22:45:48|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都民の森

午後、夕方までまだまだ時間があったので都民の森によりました。

最近の私のブームはこの都民の森(て、まだ今回で2回目だけど)。
山もあり、川も滝もあり、それなりにトレッキングを楽しめます。
DSC07431.jpg

自然を満喫できます。
DSC07434.jpg

渓流を渡ったり楽しめます。
DSC07436.jpg


DSC07443.jpg


足元を流れおちる水。
DSC07447.jpg


森もいろんな表情があります。
DSC07448.jpg



写真にはおさめられなかったけど、オオルリ(野鳥)を見ることができました。
白いお腹に、瑠璃色の身体。とてもきれいな鳥です。はじめてみました!!!
DSC07451.jpg


また、コマドリの甲高いさえずりを聞くこともできました。
コマドリは茂みの中にいて、しかも小さい鳥だから、探すのは諦めたけど、声を聞くのも初めてだったので嬉しかったです。
DSC07452.jpg


DSC07453.jpg


あと、たぶんカヤクグリだと思うけどたくさんさえずってました。
ミソサザイにしては大きく、全身赤茶色。さえずりからしてたぶんそうかと・・・。
DSC07459.jpg


アオゲラの声も聞こえました。
DSC07461.jpg


まったく鳥の写真は撮れてないけど、2~3時間歩いただけでたくさんの鳥の声や姿を見れて大満足!
DSC07465.jpg


また都民の森にこようと思います!
DSC07471.jpg


そうそう、今の時期、奥多摩の渓流も新緑の色が映ってとてもきれいでした。
ああ、奥多摩の渓流も歩きたい!!

近場だけど行きたいとこがどんどん出てくる季節です!

伊豆七島も行きたいなあ。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/08(土) 11:37:53|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こいのぼり

今日は奥多摩の記事はお休みして、昨日、見つけた風景を。



悠々と風に乗って泳ぐこいのぼりたち。
DSC07633.jpg


野川を三鷹大沢まで歩き、ほたるの里でみつけました。
DSC07634.jpg




こうやって撮るとめざしみたいですが・・・(苦笑)。
DSC07636.jpg

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/05(水) 11:58:55|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

奥多摩

前記事の鍾乳洞のダメージを新緑の色で修復する。
DSC07384.jpg


DSC07386.jpg
ちょうど、お昼だったので道中で買ったコンビニのおにぎりなどを食べました。
日原鍾乳洞の辺り、ごはんを食べるところも買えるところもありませんでした。買っといてラッキーでした。

休憩してエナジーチャージした後はまた出発です。


本当に、桜と新緑のコラボが見事で、たくさん写真を撮ってしまいました。
DSC07399.jpg


DSC07401.jpg


手前は奥多摩湖。
DSC07413.jpg


そして月夜野からの眺望。奥多摩湖って山間にうねうねした形であるんですね~。
DSC07418.jpg


この後、桧原村にある都民の森に向かいました。

その記事は後日。

明日は、本日発見したこいのぼりのある風景をお届けします。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/04(火) 21:45:35|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日原鍾乳洞

GWに入ってやっと晴天続きな天気予報。天気もいいし、出かけたい。
でも、どこも混んでいるし、手ごろで自然を満喫できるところ・・・・ということで、奥多摩よりさらに奥の日原鍾乳洞へ行ってきました。

道中、奥多摩方面はヤマザクラが満開の頃。
新緑との色合いがとてもきれい!!!



いい季節にきたもんだ!とワクワクな気持ちも高まります。
DSC07293.jpg


桜と新緑を同時に楽しめるなんて得な気分です。
DSC07296.jpg


木の芽吹きも形がおもしろい!
DSC07307.jpg
DSC07308.jpg


この辺りは大きな岩山になっていて、その迫力に圧倒です。
石灰岩でできているものもあり、崩れやすいとこも。
DSC07310.jpg
DSC07312.jpg


えっと、この黄色い花は去年も奥多摩の方で見た・・・・。
DSC07315.jpg

図鑑をパラパラ・・・・。ミヤキケマンて花だそうです。
なかなか覚えないもんです。


さて、日原鍾乳洞入り口。この鍾乳洞は国の天然記念物として認められているそうです。
ここへは小学生か中学生の遠足でいって以来です。
どんなだったけかあまり記憶がありません。
DSC07319.jpg

さあ、出発です。

フラッシュをたかないため、暗いブレブレの画像が続きますがご了承ください。


中はひんやり。夏でも10℃くらいだとか。
天井が低く、中腰になってくらい洞の中を歩きます。水滴があちこちから滴り落ちてきます。
DSC07320.jpg

岩肌の模様がおもしろい。
DSC07322.jpg


え?!
・・・ここを通るの?
DSC07324.jpg

岩がごつごつしてるし、濡れて滑るし、暗いしちょっと注意が必要です。

気が遠くなるような長い年月の間の水滴によってできた岩肌の表面。
DSC07327.jpg


暗くてわかりにくいですが「水琴窟」という場所です。
この場所に立つと水滴の落ちる音が、琴の音色のように聴こえます!!!
すっごく不思議です。

静かに、耳を澄まして、たたずむ・・・・。
DSC07331.jpg

音にしばし聞きほれたいとこですが・・・。

「え?!何?!! 琴の音色が聞こえるって書いてあるよ!!」
「静かにしなさいだって、え! そんな音がするの?!」

「ねえ、次はどっちに行けばいいの?!!」


と、やかましい観光客にちょっとむっ・・・。”静かにしてください”の意味がわからんのか!!


気を取り直して進みます。この鍾乳洞、結構広いです。

次は三途の河を渡っちゃいました。
DSC07333.jpg


でもって、この後、とんでもなく広い空間に出るのですが、
あいにく写真では伝えきれず、残念。
DSC07348.jpg

そしてこの後、昭和37年に発見した新洞の方へ行くのですが・・・・。


はしごのような急な階段を登るはめになりました。天井の収納ロフトへあがるような急な階段が続くのです。
しかも、天井は低く、中腰になりながら。手すりがあるのだけど、水で滑ります。

ちょっと怖さを感じながらも進むと・・・・。


にょきにょき生える不思議な石たち。
DSC07360.jpg
DSC07362.jpg


不思議~。
おもしろ~い!!!!
DSC07369.jpg
DSC07371.jpg
DSC07373.jpg


と、ここまではよかったのですが、下を見ると・・・・・

ああ・・・足元の岩の隙間からはあんなに人がちっちゃく・・・・・。
DSC07365.jpg


この後、私にとって恐ろしい体験が待ち構えているとは思いたくもありませんでした。
高所恐怖症、とくにデパートの階段の手すりの間からみえる下がめちゃくちゃ怖い私・・・・・。

急な勾配を登ってきたこの場所。

まさか、そんな場所から再び下にくだらなければならない・・・とは思ってませんでした。だって、そんな危険なことさせないと思ってたから。


あまかった・・・・。
こんどははしごのような階段を暗がりの中、滑らないよう、落ちないように手すりを握りしめながら降りていきます。

”ああ、ここで落ちたら、滑ったらどうしよう・・・こ、怖い!!!”

涼しいはずの洞窟でいやな汗をかいている私。
息も荒くなり、口から「フゥッ・・・フゥ・・」と息を吐き呼吸を整えようとする私。
怖い・・・と思うほど足がすくんできてしまう。

一方、後ろからは
「あの石はおもしろかったねえ!」なんて平気でしゃべりながら降りてくる観光客たちが。
”ああ、私がモタモタしてるためにこんなとこで渋滞を作ってしまってる!!”

追い討ちかけるプレッシャー。

ムリムリ!!!!!

途中で後の人たちに先にいってもらい、ああ、もうだめだとしゃがんでしまいました。


階段はぐるぐると、何度も下りていかねばなりません。まだ地につかないのか?!!!


・・・しかし、いつまでもほの暗い鍾乳洞の中で座り込んでいるわけにいきません。
早く出たい!!!

死に物狂いで階段を降り、やっと階段の終点につき、出口へと向かったのでした。



でむかえてくれた太陽の光・・・・。
DSC07376.jpg


やさしい・・・・。
DSC07377.jpg


ああ、そういえば私は風邪をひいていたんだった・・・。
なんだかとても疲れてしまった。

行きのハイテンションはどこへやら・・・。
まるでお化け屋敷から出てきたような状態でフラフラとちょっと休憩しようと川へ向かったのでした。


ちなみに入場券の裏にはこう書いてありました。
『人跡の通じるところに実に八百米電灯設備も完備され老人、子供も容易に探勝することができる。・・・・ここを訪れる探勝者総ての心を奪い恍惚夢現の境に誘うのであります。』

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/03(月) 12:14:40|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

陸花

Author:陸花
住まい:東京都多摩方面、生まれも育ちもこの辺り。
趣味:散歩、旅行、自然と戯れること、猫と遊ぶこと、音楽にひたること、そして飲むこと!

歌花

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析用

フリーエリア

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。