FC2ブログ

散歩の歌

日々、出会う生き物たちや景色、日常生活での出来事、発見などあれこれを記録中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日生、鹿久居島

10時30分、ようやく定期便がやってきました。


乗り込む人は観光客も居るけど、西の言葉で、そんなに遠くから来た人ではない様子。
しかも、高齢者ばかり。

今の時期はみかん狩りができるそうで、そのために来ている人も多いようです。

さて、出発~。
IMGP4897.jpg


後から気づいたけど、曇りの日は海の色は緑色に映ります。
IMGP4900.jpg


大きな橋が見えてきました。
左が鹿久居島。日生の乗り場から10分ほどで着きます。
IMGP4902.jpg
橋は鹿久居島と頭島を結んでいます。


「鹿久居島で降りる人、いますかー」と船長さん?が聞きます。
私、一人しかいませんでした。

「あんた、降りるの? 鹿久居島は船が少ないから気をつけてな。頭島ならいっぱいでとるよ」
IMGP4904.jpg

「頭島は後で行こうと思ってるんですが・・・あの橋って人も歩けるんですか?」
「歩けるよ」


・・・そうかあ。
船が少ないなら、歩いて渡るしかなさそうだなあ・・・
後で・・・

ちょっと悩む・・・。



鹿久居島ではこれから日生へ帰る人たちはたくさんいました。みんなみかん狩りをしにきていたようです。

みかん狩りをしない私は一人、てくてくと島を歩くことに・・・。


あ、あけび!!
IMGP4905.jpg

野生のあけびがなってました。きれいー。うまそう~。


これはクサギかな?
IMGP4907.jpg


船が通らないときは、とても静かです。
風と海の音しか聞こえません。
静かに、のんびりと時間が流れていきます。
IMGP4911.jpg



鹿久居島は野生の鹿が住む島。
そんな鹿に会える場所もあるらしいのですが・・・・・。


どこまでも果てしなく続く一本道。
IMGP4912.jpg

「ずっと一緒にいた~、二人で~歩く一本道~・・・♪」
頭の中に”三日月”の歌詞が出てきましたが、歌ってる場合じゃない。

島の周囲28キロ・・・・
昨年行ったロードハウ島が22キロ。
あの時1周した時間が確か・・・・・・・

歩くだけで1日を費やしてしまう自分を思い浮かべました。
のんびりとは程遠い・・・。

仕方ない、あの橋を渡って頭島でのんびりしよう・・・。

もと来た道を戻り始めると、


誰かが私を呼び止めました・・・
「おい、お前さん・・・」



ん???

振り返って少し戻ると・・・・



またも、カマキリでした。
IMGP4914.jpg

でも、この子の目はもう黒ずんできていて、役割を終えて命の灯がまもなく終わろうとしているときでした。
なぜ、呼び止められたのかわかりません。

(ほんとに、呼ばれた気がして見回したら、この子がいたんですよ。不思議です。)


あまり邪魔してもかわいそうなので、橋に向かって歩きました。

ほどなく、頭島へ渡るあの大きな橋に到着。
しかし・・・・
この橋を歩くのは怖い。
IMGP4915.jpg

車も通れる頑丈な橋だけど・・・。
こんなに高い橋で海の上を渡るのは怖い・・・。


ふと、目をやると。さっき着いた鹿久居島の船着場が見える。
IMGP4916.jpg


「またげ」といわれても・・・・。
IMGP4917.jpg
(またげ、ってどういう意味かしら。方言?)


しかし、渡るしかない!


きゃー!!!
高い!!!
IMGP4919.jpg

怖い!
IMGP4921.jpg


頭島の浜が見えてきた・・・。
IMGP4922.jpg


いやな汗をかきながら歩き、ようやく頭島へ着きました。
だんかばち・・・て何。
IMGP4923.jpg


(後で調べたらどうやら、”またげ”も”だんかばち”もその島の橋のあるとこの住所名のようです。)


ちなみに橋の長さは218mらしいです。
大した距離じゃないのに、怖かったです。
IMGP4924.jpg


さて、日生諸島で一番、人が住んでいるという頭島をこれからのんびり散策です。
スポンサーサイト

テーマ:女ひとり旅★ - ジャンル:旅行

  1. 2011/11/12(土) 15:27:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<日生、頭島と島の猫 | ホーム | 日生、港のみえる丘公園>>

コメント

こんにちは

おお、凄いね。
チョミさんは高所恐怖症だからその橋を渡るのは無理だね。

カマキリさんは最後に誰かと話をしたかったんだと思うよ。
そしてその声に歌ちゃんが気づいたんだよ。
ちゃんと存在してたってブログにもアップされて満足したと思うんだ。
  1. URL |
  2. 2011/11/12(土) 18:30:37 |
  3. クリちゃんです #-
  4. [ 編集]

綺麗だな~うへぇ、こわいいいいい
静かな緑の海って恐くありませんか?足が届かないところ=深いところなわたしは非常に恐いです。しかもこの高さ...な、泣きます。泣きますよ?

寒くないであろうことはわかっているのですが、どうしてもあの濡れた山道とけぶる海の景色が寒かった。
  1. URL |
  2. 2011/11/12(土) 20:24:50 |
  3. ぼけの実 #-
  4. [ 編集]

★クリちゃん
頭島へは日生からけっこう船が出ているから(といっても2時間に1本くらいだけど)、チョミさんたちは船でいったらいいよ。
カマキリさんは波長が合うのかよく、こうやって何かを感じて会うことが多いの。
この子、かろうじてまだ生きているというか、最期の一呼吸の前だったわ。

★ぼけの実さん
静かな緑の海だけど、島が多いし、船も通ってるし・・・大丈夫だった。風が強くて怖かったけど。
これがつり橋だったら途中でしゃがみこんで泣いていたね。
怖い怖いといいつつ、AUSでは絶壁の上から景色をみたり、歩いたり・・・・なんなんでしょうね。
  1. URL |
  2. 2011/11/13(日) 11:43:41 |
  3. 陸花の母 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://song1126.blog102.fc2.com/tb.php/727-6791f6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

陸花

Author:陸花
住まい:東京都多摩方面、生まれも育ちもこの辺り。
趣味:散歩、旅行、自然と戯れること、猫と遊ぶこと、音楽にひたること、そして飲むこと!

歌花

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス解析用

フリーエリア

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。